葉酸サプリメント 副作用

葉酸サプリメントの比較

MENU

葉酸サプリメントと副作用について

子供が欲しい女性

 

妊娠前や妊娠初期の必須なサプリメントと言われているのが、葉酸の栄養成分になります。

 

毎日の食事よりも栄養素の摂取をすることはできますが、食材の調理には加熱は向いていません。

 

実は豊富な葉酸を含む食品を食べたとしても、体内への吸収力としては50%以下という数字になります。

 

数字的にも少ないですから、過剰摂取にはならないものの、吸収率の悪さは気になるところです。

 

妊娠の大切な時期などは、妊婦は食事からの栄養素摂取に頼り切らないで、サプリメントを上手に使って1日の必要となる摂取量を目標にしてみることです。

 

 

 

1日に1000μg以上という、過剰な摂取をした場合には、副作用も心配になってきます。

 

食欲不振になったり、吐き気を感じることがあったり、むくみやすいとか不眠症になるケースも考えられます。

 

発熱によって蕁麻疹があらわれたり、毛細血管が拡張して紅い斑点が皮膚に出てくることもあります。

 

原因のわからない痒みを感じたり、栄養素の吸収率が低下したり、呼吸障害を引き起こす事もあるといいます。

 

高齢の人の場合であれば、ビタミンB12の栄養素が足りないがために、発見自体が遅くなってしまって、結果的に認知症へつながってしまうことさえあります。

 

 

 

妊娠初期には非常に重要な栄養素ではありますが、適用量を守らないで多く摂取しすぎると、健康的な被害が発生したしまうことになります。

 

健康障害が生じたことで、お腹の赤ちゃんにもなにか被害があれば大変です。

 

逆に少なすぎるのも、赤ちゃんの健康な成長にはマイナスの影響が考えられます。

 

そのため、1日に推奨雨されている栄養素の摂取を、キチンと守ることが大事ということになります。

 

葉酸は適用量を守って摂取すれば、副作用などを怖がる必要もありません。