妊娠初期 葉酸サプリ

葉酸サプリメントの比較

MENU

妊娠初期には葉酸サプリを

妊娠初期の女性

 

妊娠初期に摂取すべき栄養素としては、葉酸があげられます。

 

葉酸は、ビタミンB群の水溶性ビタミンで、造血に関与していて、妊娠中は貧血の改善や鉄分不足によるむずむず足症候群の予防などに効果があります。

 

 

妊娠初期には、神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果があるとして、厚生労働省は、2002年より母子手帳に葉酸の摂取の必要性を記載するようにしました。

 

神経管閉鎖障害とは、無脳症や二分脊椎などの先天性異常を指します。

 

妊娠を希望している女性は、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、葉酸を含めその他のビタミン類を多くとる必要性があります。

 

特に葉酸は、通常の1.5倍量の1日400μgの摂取が推奨されています。

 

しかし、その量を摂取するためには、大量の野菜を食べる必要があります。

 

また、水溶性ビタミンであるため、毎日摂る必要がり、熱に弱く水に溶けやすいため必要量を食事から摂取することは困難です。

 

 

そこで、厚生労働省も脳や脊髄の先天性異常の発症リスクを軽減させるために、食事からの摂取に加え、葉酸のサプリの摂取を推奨しています。

 

 

しかし、葉酸の摂取量は1日1mg以上を超えないように注意しなくてはなりません。

 

葉酸を多くとりすぎると、妊婦自身がじんましんが出たり、生まれた子供が喘息になったりするケースがあります。

 

 

一度にたくさん飲んでも吸収量には限界があり、吸収されなかったものは尿中に排出されてしまいます。

 

サプリを摂取する場合は1日3回に分けて摂取するのがよいでしょう。

 

 

ビタミンB12と一緒に摂ると効果が高まります。

 

ビタミンB12はアサリやハマグリなどの貝類に多く含まれています。

 

 

妊娠初期には葉酸サプリを摂取して、健康な赤ちゃんを出産しましょう。

 

おすすめの葉酸サプリはこちらのサイト「葉酸サプリおすすめ特集.com」がよく分かります。